無料テレビ電話エッチランキング『スマホアプリでエロビデオチャット』

アイドル級の可愛い女性‥妖艶でエロスが溢れている人妻や熟女‥最近のライブチャットの女性たちは本当に質が上がりましたね!そんな彼女たちとテレビ電話やウェブカメラで2ショットチャットが気軽に楽しめるようになりました!素敵アダルトチャットを存分にお楽しみください!

体験談 読み物・告白

短小ペニスを嘲笑った女性を肛門挿入で喘がせ・・・

投稿日:

俺が肛門性戯の達人と自負するにはそれなりの証拠というものがある。肛門でのセックスをするようになって、女性達が結婚を迫って来たのである。それまでは結婚を口にしたことなど一度もなかった。極細ペニスでは結婚後の性生活に踏みきれなったのだろう。スナックのママや、クラブのホステスも言い寄ってきた。それまではないことだった。男は顔だけでは女性にモテない事がよくわかった。これまでの俺は甘いマスクだけで女性に愛されてきた。

ところが、肛門セックスで満足させられるようになってからは、結婚話まで持ち上がってくるようになった。

思うに、女性はセックスを中心に結婚を考えているらしいのだ。極細を嘲笑った女性を肛門で感服させるどんでん返しを俺は今、無常の悦びとしている。バスルームから俺が出て行くと彼女は口元に笑みを浮かべていた。その笑みには、明らかに極細に対する物珍しさが含まれていた。いつもは会社で指導を仰いでいる上司のペニスが少年と変わりないサイズであることへの驚きと優越感である。彼女は、上司の弱点を発見した悦びで、両目を嬉々とさせていた。「課長補佐、私もお風呂へ入ってもよろしいでしょうか」「ああ、どうぞ。入ってきなさい」「あ、はい。では失礼します」彼女は素っ裸のままでバスルームへと消えた。「よーし、第二ラウンドは肛門攻めでヒィーヒィー言わせてやろう」

俺は自信満々でこういきまいた。サイズは極細でも、性欲は人並み以上に強い。すでにペニスは勃起していた。

彼女は、脱いでも自信があるのだろう。素っ裸のままでベッドに戻ってきた。「いいからだしてるね」「脱いでも私、凄いでしょ」「凄いよ。美人というのは、何から何までキレイに造形されているものだね。例えば、耳の形や足の指まで、ブスな娘とは違う」「私ってキレイ?」
「ああ、キレイだね。耳もいい。鼻も、それから乳房も。きっと肛門の形だって美しいと思うよ。さあ、見せてごらん」

「いやん、おしりはいや!」「嫌なものか。肛門だって身体の一部だよ。見せなさい」ベッドへ腹ばいにさせると、俺は身を下降させた。「ここは、やっぱりイヤ!」彼女はまた手で肛門をへ蓋をした。大胆な娘にしては肛門に羞恥した。女性は最初は肛門を見られることに抵抗を感じるようだ。大便が出る部分だから恥部だと思っているのだ。「見せなさい。そんなに見せたくないのは理由でもあるのか。例えばイボ痔とか」「そんなのはありません」「ないんだったら、隠すこともないだろう。さあ、見せなさい」とうとう観念したらしくて、手を引っ込めた。マシュマロのようなおしりの山の谷底にはセピア色をした一輪の花が咲いていた。

-体験談, 読み物・告白
-, , ,

Copyright© 無料テレビ電話エッチランキング『スマホアプリでエロビデオチャット』 , 2019 All Rights Reserved.